2020年度以降入学者より、カリキュラム及び修了要件に変更があります。変更概要は下記をご参照ください。

博士課程教育リーディングプログラム「京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院」について

霊長類をはじめとする野生動物に関する教育研究をおこない、地球社会の調和ある共存に貢献することを目的とする

博士課程教育リーディングプログラム「京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院」フィールド・イメージ 京都大学ならではのオンリーワンのリーディングプログラム - 霊長類学の蓄積を活かし、学問と実践をつなぐグローバルリーダーを養成する

霊長類学が京都大学から生まれたのは、フィールドワークすなわち野外研究という京都大学の伝統に深く根ざしている。初登頂を目指すパイオニアワークの精神は、京都大学の野外研究の旗印だといえる。京大にしかない京大だからこそできる明確な貢献として霊長類学があり、その蓄積の上に「ワイルドライフサイエンス」という新興の学問領域が展開しつつある。チンパンジーやゴリラやオランウータンだけではない、ゾウやライオンやその他の生態系の頂点に立つ大型の動物が、森林伐採や開発によって絶滅の危機に瀕している。かれらを救うことが即、生態系の全体の保全につながり、生物多様性の保全につながる。単にそれを学問として追及するだけでなく、眼に見えるかたちでの日本の貢献がいま問われている。そうしたオンリーワンの人材育成が本リーディングプログラムの特色である。また、これまで大学院教育は研究科が中心に担ってきたが、それを一歩踏み越えて本リーディングプログラムでは、生物学専攻を主幹とするが、プログラムの実施は野生動物研究センターを中心として、こころ、からだ、くらし、ゲノムの総合的洞察力をもって、よりグローバルな人材を育成することを基本にする。すなわち、研究所が視点を変えた大学院教育改革の発展型を模索する試みである。


目次

2013年9月11日版HQ承認、12月10日協議員会承認、2014年1月10日改定、3月14日改訂

ユニットの部門構成

  • 1、 比較認知科学部門 Department of Comparative Cognitive Science
  • 2、 動物行動学部門 Department of Animal Behavior
  • 3、 社会生態学部門 Department of Socio-ecology
  • 4、 進化ゲノム科学部門 Department of Evolutionary Genomics
  • 5、 動物福祉学部門 Department of Animal Welfare
  • 6、 保全生物学部門 Department of Conservation Biology
  • 7、 アウトリーチ部門 Department of Social Outreach
  • 8、 国際共同部門 Department of International Collaboration
  • 9、 基礎教養部門 Department of Liberal Arts
  • 10、事務・技術部 Administration Office 
部門の説明
  • 1、 比較認知科学部門 Department of Comparative Cognitive Science
  • 人間の心の進化的起源をヒト科4属の比較研究から理解する。
  • 2、 動物行動学部門 Department of Animal Behavior
  • 人間とそれ以外の動物の行動を観察およびその他の手法を組み合わせて理解する。
  • 3、 社会生態学部門 Department of Socio-ecology
  • 人間とそれ以外の動物の社会と生態環境を理解する。
  • 4、 進化ゲノム科学部門 Department of Evolutionary Genomics
  • 人間とそれ以外の生物のゲノム的基盤を理解する。
  • 5、 動物福祉学部門 Department of Animal Welfare
  • 野生動物の福祉研究をおこない博物館・動物園・水族館等との連携を深める人材を育成する。
  • 6、 保全生物学部門 Department of Conservation Biology
  • 野生動物の保全研究をおこない国際機関・国際NGO等との連携を深める人材を育成する。
  • 7、 アウトリーチ部門 Department of Social Outreach
  • 人間の文化や人間以外の動物の研究を通じて日本と諸外国の架け橋となる人材を育成する。
  • 8、 国際共同部門 Department of International Collaboration
  • 地球社会の調和ある共存に資する人材育成に必須な国際感覚と語学力を涵養する。
  • 9、 基礎教養部門 Department of Liberal Arts
  • 地球社会の調和ある共存に資する人材育成に必須な広い教養を提供する。
  • 10、 事務・技術部 Administration Office
  • ユニットの事務および研究支援をおこなう。

成果発表と評定

ディプロマ・ポリシーに則り、履修生の以下の履修状況を総合的に勘案して、学習成果の年次評価をおこなう。
①修士課程相当の学生においては、本プログラムのカリキュラム・ポリシーに沿って設計された実習の履修、および上級生としての実習実施への貢献
②博士課程相当の学生においては国内外長期自主研修インターンシップ
③研究のための知識・情報収集技術・情報発信力の獲得、およびコミュニケーションツールとしての言語習得

PWS研究指導審査会による評価結果の決定
履修者の在籍研究科の主任指導教員およびPWS 指導教員・プログラム担当者を含むPWS 研究指導審査会において、上記の3 要件に加えて、月例の履修生面談の結果と、年に2回開催するPWS シンポジウム等(※)における英語発表結果をもとに、総合的に優・良・不可(SAC)の3段階で評価して、年次の学習成果の評価・決定をおこなう。
(※上記期間に海外渡航中の履修生に対しては、別日に開催のPWS 共催シンポジウムやセミナー等での発表・面談にて、複数の教官が研究経過及び成果を確認し、指導をおこなう)

研究指導体制

各履修生は、本籍の指導教員(Supervisorと称する)の同意の上、PWS指導教員(Mentorと称する)を、2名を上限に選ぶ。

入学手続き

履修生の選考方法および基準

リーディング大学院の履修生の選考方法及び基準を以下のように定める。
1、選考方法は出願書類を審査しておこなう。
2、評価委員は、HQと称する主要分担者5名に、外国人教員を含む選考実施委員若干名とする。
3、評価項目は、志望動機、知識、経験、社会性の4項目の評価をもとに、プログラム履修によって、どの程度当初の目標すなわち3つの出口、保全(Conservation)、福祉(Welfare)、アウトリーチ(Outreach)への到達が可能かを総合的に評価する。評価は4段階(優・良・可・不可、S・A・B・C)である。
4、英語については、英語を母国語とする外国人評価委員に委ね、評価は4段階(優・良・可・不可、S・A・B・C)とする。
以上の手続きを踏んだ上で、すべての受験者の評価が終了したのち、全員の評点を集計して、どこまでを採用とするかを、履修生の採用人数等を考慮しつつ合議で決定する。なお、総合評価あるいは英語の評価が可に満たないものについては、機械的に不合格とする。

紹介パンフレット